有限会社ワタナベエレクトロニクス

Plug−E 電気自動車四方山話


電気自動車、水素燃料電池自動車についての日本最初のまとめサイト、Plug−E閲覧ありがとうございます。

いきなり始まったEVシフトについて、産業界向け情報を提供する電子書籍としての体裁も、少しずつ整えています。

本紙は独自の判断による、他に無い記事を目指しているため、内容は不定期で追加されます。

弊社ワタナベエレクトロニクスの、最新ホームページを定期的にご高覧お楽しみ下さい。 主筆 Pat白石


» 大人気のトヨタシーポッドを運転しました

» 川崎高津水素ステーションENEOS水素サプライ

» EQS

» クルマ救電

» EV(電気自動車)の催しが大盛況。

» 中国で製造されたテスラ3は、革命的値下げで安く。

» SMART EQ

» 水素燃料トラックが改善される

» 高価な小さい高級EV、ホンデ

» 170万円のEV、トヨタシーポッド

» 2020年のクリスマスプレゼントは、ダーン!! 2代目MIRAI

» ポルシェ製充電スタンド

» 水素のセルフ充填

» キティ

» キッチンカーに供給

» ポルシェのお墓

» Hummer EVの動画です

» LYRIQ

» イーモ

» ボルボのEV,SUVはポールスター2

» シトロエンEVは、「友達」

» テスラ 3

» VW ID.3

» 電気自動車にも、ギヤは使われます。

» ビンファストの挑戦。

» Hummer EV

» Air Race E

» 「最後の偉大なアナログ・スーパーカー」

» ヤマト運輸がEVのトラックを大量に使用します。

» 全固体電池

» 新型MIRAI

» 英国の大損(ダイソン)、利益が見込めないので、電気自動車の開発中止

» 東京モーターショー Plug-E版

» “動く蓄電池”40台を派遣

» 電柱水道ーPanan-UPWS

» YSー12

» ホンダの自立型作業用EV

» 1973bhp

» 白き犬小屋ーーーEQハウス

» トヨタ APM

» フォーミュラEレースの模様を紹介する、「Super Charged」を御紹介します。

» e-Palette コンセプト TOYOTA 2018年1月

» 一般消費者が普通に期待する電気自動車とは、、

» トヨタ、「電気自動車にシフト」 目標5年前倒し。

» 人とくるまのテクノロジー展2019 in 横浜

» 「これは、バットマンのバットモービル?」第二世代の車台で、レースらしくなるフォーミュラEレース。

» 2019年、バイクのハーレーも電動化

» リーフ 電池を大幅増量し(62kw)になりました。

» SIP自動走行システム

» ジャガー走ってます

» E-Type Zero Jaguar

» リーフも人も,熱中症

» ZEHの完全自立型(Off-The-Grid Tiny House)

» 人とくるまのテクノロジー展2018 in 横浜

» KENWORTHも燃料電池トラックを研究中

» Bollinger B1(米国)

» 電動ヘリコプター開発中、CityAirbus

» MC 

» 充電口を2箇所にする

» プリウスPHVへの要望

» ドイツ ポスト 恐るべし

» JPN TAXIで FCV

» MKK川崎水素ステーション 三菱化工機殿

» EVシフトに向かう東京モーターショー 2017

» 東京モーターショー プライベート版

» CO2ゼロ

» 実用走行可能距離,400km

» フランクフルトモーターショー2017

» 電気自動車には、専用充電器が必要です。

» 《追悼記事》 誰がディーゼルを歴史の彼方に追いやったのか

» メルセデスベンツのEV

» ラジコン 水素燃料電池で走行。

» 何この車

» スピードで魅了し、遊べるスポーツカー、GW 

» アストンファンさんお待たせします

» 近づく2つのパリティ

» 水素ガス検知器をご紹介

» 東京電力の小水力発電所

» ターボジェネレーター その1

» 絶賛NSX!!!!。。。。。。買えないけど欲しい

» イタリア製の小型モビリティ「BIRO(ビロ)」のご紹介

» 「車中泊」の危険を減らすRG      

» 150キロワットの出力でEVの充電時間が、3分の1に!

» 大型のバッテリーは、日本の電気自動車では、必ず必要か?

» RGコンセプトの電気自動車  

» ガソリンは、ガソリン自動車は,無くなるのか

» 実は無限なのです。太陽エネルギーは

» 運転しました、プリウスLPHV、短時間ですが、、、全部電気のみで!

» プリウスLPHV その1

» あれ架線が無い!電車

» 優れたデザインの紹介を続ける理由。これは、著名自動車評論家の意見です。

» AppleCar

» カローラEV(これは便宜上の仮称です)

» ガンディーニを知ってますか

» 電気自動車開発史

» クーラーとヒーター

» 68.2km

» Hondaさん

» 毎月の電気自動車の充電代金

» EVバネットは、タクシーや移動事務所に使えます。

» UPQの電動バイク

» 電費とは?

» LEDヘッドライトと電気自動車

» [Citroen E-Mehari]変り種のフランスの電気自動車をご紹介します。

» 水素は水から, 作られているのか?

» 世界のEVレースをご紹介します。

» 電気自動車も燃えます。

» 4輪操舵

» 高価なリチウムイオン電池は段階的に再利用されます。

» 燃料電池自動車(FCV)は水素を燃焼させているわけではない。


» ギガファクトリーは本当に巨大[ギガ]だった。

テスラ社が、建設し稼動を開始した、最新鋭工場は、ギガファクトリーという名前である。単純な外観なので、小さな建物と勘違いしがちだが、アメリカンフットボールのスタジアム、95面分の大きさがあると広報されていて、写真で見るとおり、凄く大きな建物である。

https://www.tesla.com/jp/blog/battery-cell-production-begins-gigafactory


» コードレスでの電気自動車への給電

6年前の特許出願で多少内容は古いですが、特開2012-153277 「非接触給電による充電交通システム」が大変参考になります。

特許情報が以下の特許庁関連のHPでご覧になれます。

» 詳細URLは特許庁関連のHPをご覧ください。


» 東京電力のメガソーラー発電所のご紹介

電気自動車のエネルギーは、ガソリンではなく電気です。東京電力HD殿のメガソーラーをご紹介します。

扇島 http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/29-4-3-2-4-0-0-0-0-0.html

米倉山 https://www.pref.yamanashi.jp/kg-denki/mega_solar.html


» 全体の計画であるビジョン2020のご紹介

新たな東京電力グループの中期経営方針、『東京電力グループ中長期成長宣言 2020ビジョン』という、先進的な内容で 海外への、1兆円の投資計画が評判となったものです。

» 詳細PDFをご覧ください。


» 水素で走る大型トラックが登場

ディーゼルトラックに代わる水素トラック

まだ、試作段階ですが、水素で走る大型トラックが登場しました。

» 詳細URLはコチラをご覧ください。


» ホンダが遂にEV開発に注力

ようやく、ホンダがEV開発に本腰を入れます。

ホンダはZEV関係はリース方式の販売が多いが、やる気の引けてる売り込み取り組みに見えます。

巨額の費用がEV開発にはかかるので、一位で勝てないF−1からは、残念ですが一時撤退し、経営資源をEV開発に振り向けるべきです。

元になる車両はクラリティーのようですが、ホンダらしさのあるフリード+がお勧めです。

» 朝日新聞の記事はコチラをご覧ください。


» プリウスPHV

連続での、エンジンによる発電が可能な時間は、解かりませんでしたが、プリウスPHVは、TEESという機能で災害時の、非常電源に活用できます。弊社の、CgESもご利用できそうです。

» プリウスPHV参考リンク


» MIRAI

購入希望者には、半年位の納期で販売していただきたいものである。あれだけの内容のFCVで、手の届く価格というのは、信じられない。


» i3 新型

航続距離がほぼ400kmというのは、驚くばかりである。


» i-Mieveトラック、ワゴン

働くEV、最も必要とされるタイプの電気自動車、更なる改良がされた。新型の登場が待たれる。スズキでも発売して欲しい。


» EV専用タイヤ

電気自動車は、重量が重く、重心が低い、モーターによる加速も鋭い。このため、専用のタイヤの開発が不可欠である。
多くの知見を短時間で得るためには、GETレースのような電気自動車のレースの開催が必要である。